TIPS

トップページ > TIPS

SQL Server 2008サーバを構築する

2010/02/03 by kumo

概要

SOHO又は個人向けにWindows Server 2008を公開サーバとして構築するを目的とします。

Windows Server 2008のエデションは、数種類ありますが標準的なstandardとします。

Webの他にDNS、メール、FTP、E-MAILなどを構築します。

ハードウェアは、秋葉原でボードを調達して作ったオリジナルPCを使用。

Windows Server 2008のOSは、DVDなのでDVDメディアが必要です。

(※ここに記載している内容は、再インストール必要な場合のメモです。)

 

ハードスペック
プロセッサ Intel(R) Celeron(R) CPU2.53GHz
メモリ 1.50GB
DVDメディア Windows Server 2008の媒体はDVDなので読めるもの

SQL Server 2008のインストール

  • SQL Server 2008メディアを挿入します。
     そしてsetup.exeを実行します。
  • SQL Server インストールセンター
     インストールをクリックします。
  • 新規インストールの作成または既存のインストールへの機能の追加をクリックします。
  • セットアップサポートルール
     結果が出力されます。失敗の場合、原因を取り除いて再試行してください。
  • プロダクトキー
     SQL Server 2008のエディションを指定します。ここでは、無償のエディションを指定して次へ。
  • ライセンス条項
     使用許諾契約書に同意するをチェックして次へ
  • セットアップサポートファイル
  • セットアップサポートルール
     失敗の場合、原因を取り除いて再試行してください。
  • 機能の選択
     よく把握しておりませんので全て選択します。共有機能ディレクトリはD:\SQLServer2008\とします。
  • 必要なディスク容量
     ディスクの容量を確認する。
  • サーバの構成
     サービスアカウントを個別に構成することが推奨されていますが、ここでは、すべてのSQL Server サービスに同じログイン アカウントを使用する。
     アカウント名をNT AUTHORITY\NETWORK SERVICE(SYSTEM(ローカル)は動作しませんので注意)、パスワードなしとする。
     (SYSTEMとした場合でも、SQL Server Configration Managerからネットワークに変更可能。)
  • データベースエンジンの構成
     アカウントの準備:Windows認証モード、SQL Sever管理者の指定=現座のユーザの追加
     データディレクトリ:データルートデレィクトリD:\SQLServer2008
     FILESTREAM:Transact-SQLアクセスに対して、FILESTREAMを有効にする。
  • Analysis Servicesの構成
     アカウントの準備:現座のユーザの追加
     データディレクトリ:
  • Reporting Servicesの構成
  • エラーと使用状況レポート
  • インストールルール
  • インストールの準備完了
     構成ファイルのパスを覚えておく。c:\Program Files\Microsoft SQL Server\100\Setup Bootstrap\Log\2010\0203_101232\ConfigrationFile.ini
  • インストールの進行状況
     coffe
     
  • 完了
     正常を確認して閉じる。
     エラー発生の場合はどうするか?
     
     (※コメントがない場合は、デフォルトのまま次へという意味になります。暗黙の了解)

SQL Server 2008のアンインストール

 一応アンインストールしてみます。
 

  • コントロールパネル->プログラムと機能->SQL Server 2008を選択してアンインストールと変更をクリック
  • セットアップサポートルール
  • インスタンスの選択
  • 機能の選択
     すべて選択して次へ
  • 削除ルール
  • 削除の準備完了
  • 削除の進行状況
  • 完了
     正常を確認して閉じる。
  • コントロールパネル->プログラムと機能->SQL Server 2008 Native Cliantを選択してアンインストールをクリック
  • コントロールパネル->プログラムと機能->SQL Server 2008 Compact3.5 SP1を選択してアンインストールをクリック
  • 実体を削除。d:\SQLServer2008を削除する。
  • 再起動してみる。

データベースの作成

 SQL Server Management Studio上でデータベースを作成する。
 

  • オブジェクトエクスプローラ->データベースを右クリック->新しいデータベース
     データベース名:pgstation

ストアドプロシージャの移行

  • 単体テスト済みPCのVisual Studio 2008上のストアドプロシージャをUSBにコピペーでこのサーバに落とし込み。
     そしてsetup.exeを実行します。
     「実行」するを忘れずに!
     
     これが結構大変です。
     もっといい方法ないかな。

テーブルの作成

  • SQL Server Management Sutdioのクエリ上でテーブル作成用SQLファイルを実行します。